枝豆とズッキーニ,ペコリーノチーズのトルタサラータ(パウンドタイプ)

前菜
スポンサーリンク

今日は枝豆と相性の良いペコリーノチーズを使い、ワインと共に楽しめるお惣菜のトルタサラータをご紹介していきます。
イタリアで“トルタ”=ケーキ、“サラータ”=塩味の。という意味で食前のアペリティーボの時間に食べられています。
隣国フランスだと「ケークサレ」と言い、こちらの方が認知されているかも入れませんが、イタリア人にとっても人気のメニューです。

レシピ

・薄力粉 150g 
・ベーキングパウダー 4g
・塩 3g
・グラニュー糖 12g
・無塩バター 80g
・卵 2個(110〜120g)
・生クリーム 20g
(又は牛乳)
・ペコリーノチーズ 20g
・玉ねぎ 1/2個
・枝豆 1pc
(ここでは剥いた状態で80g)
・ズッキーニ 1/2本
下準備

・バターはボールに入れて常温に置き、指がスッと入るようなポマード状にしておきます。
・枝豆は塩水でそのまま食べて美味しいぐらいに茹でたら冷蔵庫で冷やしておきましょう。
・薄力粉とベーキングパウダーは合わせて振るっておきます。

作り方

1.混ぜ合わせるときに冷ました状態にしないといけないので最初に野菜をソテーしていきます。

玉ねぎは香ばしく甘みを出すように多めのオリーブオイルで揚げ焼きに。
ズッキーニは食感が残る程度に軽くソテーします。

できたらキッチンペーパーを敷いたバットで油を切りながら冷蔵庫で冷やしておきます。

2.常温で柔らかくしておいたバターに塩、グラニュー糖を入れて白っぽくなるまですり混ぜます。

3.次に卵と生クリームを合わせて溶いたものを1に少量づつ加えます。

※いきなり多めに加えると分離してしまうので注意してください。
少し加えて泡立て器で混ぜ、馴染んだらまた少し加えるといった要領で5回ぐらいに分けて加えてもらうと分離することはありません。

4.ペコリーノチーズと薄力粉、ベーキングパウダーを3回に分けて加えてさっくり切るように混ぜ合わせます。
粉が見えなくなればOK。

5.ソテーしておいた玉ねぎ、ズッキーニ、枝豆がしっかり冷えているか確認して加えます。
ここでもゴムベラでさっくり切るように混ぜ合わせ、クッキングペーパーを敷いた型に詰めます。
(ここではテリーヌ型を使っていますが、もちろんパウンド型でOKです)

6.180℃のオーブンで20〜30分。いい感じの焼き色がつくまで焼いたら完成です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました