【ボスカイオーラ】真鯛とマッシュルームの木こり風

魚料理

今日はイタリアで木こり風という意味の”ボスカイオーラ”という仕立て方をご紹介します。
Bosco/森、Boscaiola/木こり風。要はキノコを使った料理です。
ピザやパスタで見ることが多いですが、肉や魚のソースにしてもめっちゃ美味しいです!
今回は真鯛とマッシュルームを使ったボスカイオーラをご紹介していきます。

レシピ

・真鯛 4切
・ニンニク 1片
・エシャロット 40g
・マッシュルーム 5個
・トマト(中玉)1玉
・ブラックオリーブ 12粒
・タイム 適量
・バター 20g
・白ワイン 120g
・ドライヴェルモット 80g
・水(又はフュメドポワソン)90g
下準備

・トマトはヘタを取り、反対側に十字に切れ目を入れた状態で沸騰したお湯に10秒ほどくぐらせ湯むきし、横半分に割り中の種を取り除いたら小指の爪ぐらいの大きさにカットします。

・エシャロット、ニンニクはみじん切り。
・マッシュルームは厚めにスライスします。

作り方

1.最初に真鯛に塩、白胡椒をしっかりめにうち、冷蔵庫に置いておきます。

2.オリーブオイルを引いた鍋にニンニクを香り出しし、エシャロット,タイムを入れてじっくり甘みが出るまでソテーします。

3.白ワイン、ドライヴェルモットを入れて1/4量ぐらいまで煮詰めていきます。
※アルコール度数が高いと火柱が上がるので気をつけて下さい。アルコールが飛ぶと収まります。

3.オリーブ、トマト、マッシュルーム、水を入れて一煮立ちさせます。
弱火に落とし、鍋肌だけふつふつと沸くぐらいの温度にしたら皮目を上にした真鯛とバターを入れ、フタをして4〜5分そのまま火入れをしていきます。

4.真鯛に火が入ったら取り出し、ラップをして乾かないようにします。残った煮汁を濃度がつくまで煮詰めてソースにしていきます。
(真鯛は鮮度が良いほど、火を入れた時にねじ曲がるように変形します)

5.盛り付けて完成です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました