【簡単おもてなし料理】イタリアン前菜の定番!鯛のカルパッチョとソースの作り方

前菜

今日はイタリアン定番の前菜として有名な『カルパッチョ』をご紹介します。
季節の魚と野菜を使い、春夏秋冬それぞれの彩りを楽しめるお料理としてレストランでも大人気のメニューです。
ここでは、材料さえ集めたら自宅でもレストランのような仕上げにできる簡単おもてなし料理として、華やかな仕上がりになるようご紹介していきます。

カルパッチョとは?

”カルパッチョ”は本来、生の牛フィレ肉を極薄切りにして塩胡椒、マヨネーズにマスタード、ウスターソース、牛乳などを加えたソースをかけたもので、水の都”ヴェネツィア”の『ハリーズバー』の店主が画家ヴィットーレ・カルパッチョの鮮かな赤の色使いに魅せられて作られた一皿。

魚のカルパッチョは日本生まれ

イタリアンの定番として知られている鮮魚のカルパッチョは実は日本生まれの和製イタリアン。
この料理のポイントは、鮮度の良い魚・美味しい塩・相性の良いEXVオリーブオイル。この3つを揃えることに尽きます。他の材料は食感や彩り・味わいの変化を意識したものなので、ここでご紹介している食材の代わりに旬の食材を使って季節感を出して頂いても美味しく出来ます。

鯛のカルパッチョのレシピ

・刺身用の鯛 適量
・塩、白胡椒
・レモンソース(万能!レモンとピンクペッパーのドレッシング)
・マスの卵(いくらでも可)
・ラディッシュ
・セルフィーユ
・赤紫蘇の若芽(なくても可)
・花穂紫蘇

鯛のカルパッチョの作り方

  1. 鯛を薄切りにして重ならないようにお皿に盛る。
  2. 塩、白胡椒をしてからレモンのヴィネグレット(使う前に軽く撹拌して果汁とオイルの部分を混ぜる)をまんべんなくかける。
  3. マスの卵、スライスしたラディッシュ、赤紫蘇、花穂紫蘇の順に均等に隙間を埋めるように盛り付けて完成。

終わりに

マルドン シーソルトは、ピラミッド型に薄く結晶したタイプで、塩分はマイルド。サクッとした食感があり、国内外問わず多くのレストランで愛用されているお塩です。
このレシピのようにカルパッチョの下味に使ったり、ステーキなどの仕上げにかけたりと様々な料理の仕上げに使えます。

ムラメは赤紫蘇の若芽で、柔らかくフワッと香る紫蘇の爽やかさ。紫蘇の味は意外とどんな料理とも相性が良く、幅広く使えます。
一番の特徴はビジュアルが圧倒的に可愛いこと、そしてより料理を美味しくできる味であることもあり、仕上げに使われることが多いです。
ただし、このムラメは高価な食材なので、¥6000〜¥10000位の高単価なレストランでしかなかなか使われることはないです。

花穂紫蘇は紫蘇のお花。味はしっかり紫蘇です。
鮮かな紫色の小さい花が特徴で、料理の仕上げに散らすと華やかな仕上がりになる食材です。
おもてなし料理や、パーティー料理など特別な日に試してみてはいかがでしょうか?

フレンチキャビアはマスの卵。
見た目は小ぶりないくら。適度な塩分を含んでおり、皮が薄く口に残らないといった特徴があります。
綺麗なオレンジ色を活かして仕上げに使われる食材です。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. Hi, this is a comment.
    To get started with moderating, editing, and deleting comments, please visit the Comments screen in the dashboard.
    Commenter avatars come from Gravatar.

タイトルとURLをコピーしました