切り身で簡単!イタリアンの定番魚料理“アクアパッツァ”

魚料理

今日はイタリアンの定番料理『アクアパッツァ』をご紹介します。
アクア=水 パッツァ=暴走した という意味で、魚とアサリを水でグツグツ煮立てて作ることからこう呼ばれています。
水だけなのに魚、アサリ、オリーブ、セミドライトマト、ケイパーと一緒に煮込むことで驚くほど旨みたっぷりのスープに仕上がります。
見た目の豪華さの割にフライパン一つでササっと簡単に作れるのが魅力です!

レシピ

・スズキなどの白身魚  6切
・塩、白胡椒 適量
・アサリ 300g
・ニンニク 1片
・ブラックオリーブ 18粒
・セミドライチェリートマト 18粒
・ケイパー 16g
・イタリアンパセリ 適量
・EXVオリーブオイル 適量
・白ワイン 80g
(白ワインはなくてもOK)
下準備

・ケイパーは塩抜きしておきます。
・アサリは砂抜き済みのものでなければ3%の塩水で砂抜きします。

作り方

・ここではスズキを使っていますが、白身魚の切り身でOKです。セミドライトマトは大きければカットして下さい。

1.魚に塩、白胡椒をうち、フライパンにオリーブオイルを引き、包丁の腹で潰したニンニクを弱火で香り出しします。

2.ニンニクを一旦取り出し、魚を皮目からソテーします。
鮮度がいいものほど反り返ってくるので、しばらく押さえつけながら反り返らないようにします。
ひっくり返さず皮目のままソテーし、8割火が入ったら一旦取り出し、アサリを入れてソテーします。


3.白ワイン、オリーブ、セミドライトマト、ケイパー、取り出したニンニクを加えて軽く煮立たせてから魚を皮目を上にして加え、ひたひたになるまで水を注いで強火で一気に煮立たせます。
(白ワインを加える方がスッキリした味わいになりますが、入れなくても大丈夫です)

4.魚は3分ぐらいでふっくら火が入るので、取り出します。そのまま塩分が丁度良くなるまで味見しながら煮詰めたら火を止め、仕上げにイタリアンパセリ、EXVオリーブオイルを加えて混ぜ合わせます。

5.盛り付けて完成です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました