イタリア料理の隠し味!ソフリットの作り方

調理法
スポンサーリンク

ソフリットとは?

基本的なものは玉葱・人参・セロリ・ニンニクのみじん切りを弱火で水分を飛ばしながらソテーし、甘味・旨味を凝縮したもので、イタリア料理の煮込みやパスタソースのベースに使います。
応用として玉葱・セロリのみで作るものや、ピーマンを加えて中火で香ばしく焼き色をつけながらソテーするものも。
料理の味を左右する非常に重要なもので、このひと手間が料理の味わいの底上げをしてくれます。

使うことによる効果

煮込みやパスタソース、トマトソースなどに加えることにより野菜由来の自然で力強い甘味・旨味を加えることができ、コクが増し料理に奥行きを出してくれます。

ソフリットのレシピ

・玉葱 2個(600g)
・人参 1本(300g)
・セロリ 2本(300g)
・ニンニク 2片(25g)
・オリーブオイル 適量

ソフリットの作り方

1.香味野菜をフードプロセッサーを使ってみじん切りにしていきます。
まずは人参を1口大ぐらいにカットしてからフードプロセッサーにかけて写真のように細かくし、多めのオリーブオイルを引いた手鍋に弱〜中火ぐらいでソテーします。
同様に細かくしたニンニクを加えます。

2.次にセロリを加えて塩をうち、引き続きソテーします。
(塩をうつことで水分が出やすくなって甘みが出しやすくなります)

3.最後に玉ねぎを同様にして加えます。このタイミングでも塩をうち、ソテーします。

4.弱火で蓋をして野菜から水分を出すように火を入れます。
出た水分は煮詰めるようにしていき、量が半分ぐらいまで減ったらオリーブオイルを加え、ここから炒めるようにソテーしてしっかり甘み、旨みを作っていきます。

5.鍋底をヘラでこすりながら、中火でしっかり揚げ焼きにするようにソテーします。
野菜の糖分が出てきて鍋肌が焦げ付きやすくなってきますが、この香ばしさも美味しさのうちなのでOKです。

6.出来上がり。香ばしく甘み、旨みが凝縮したソフリットの完成です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました