アテにもパスタソースにも!ンドゥイヤを使って作る豚肉と新牛蒡のアラビアータ

パスタ
スポンサーリンク

今日は豚肉と新牛蒡、イタリアの唐辛子のサラミ“ンドゥイヤ”を使って、しっかり辛みを効かせたアラビアータ仕立ての煮込みをご紹介します。
そのまま温前菜としても、パスタと絡めてパスタソースとしても使ってOKです。
暑い季節には辛みを強めに効かせてキリッと冷やしたビールやワインのアテにしても良いですね。

アラビアータのレシピ

・豚肩ロース 1kg
(バラ肉でもOK)
・塩、黒胡椒 適量
・強力粉 適量
・ソフリット 200g
・新牛蒡 1本
・ンドゥイヤ 60g
・裏漉ししたトマト缶 500g
・鷹の爪 5本

作り方

1.ここでは豚肩ロースを使いますが、バラ肉でもOKです。そして味を支えるンドゥイヤとストックしておくと、めっちゃ便利なカゴメのソフリットを使って作っていきます。

まずは豚肉を5cm角ほどの大きさにカットして、塩、黒胡椒をうちます。

2.次に強力粉をまぶして表面が香ばしい焼き色がつくようにソテーします。
ここで焼き色をつけることで、香ばしく焼かれた旨みがソースに溶け込んで一段と美味しく仕上がります。

3.OILを引いた鍋にンドゥイヤを加えて軽くソテーするように香り出しします。


4.そうしたら2の豚肉、スライスした新牛蒡、カゴメのソフリット、裏漉ししたトマト缶、鷹の爪を投入。
水分が足りなそうなら豚肉が浸かるぐらいまで水を加えて煮込んでいきます。

5.2時間ほど煮込んで豚肉に竹串がスッと入るぐらい柔らかくなれば完成です。
パスタのアラビアータソースに使っても、そのまま盛り付けてもOK。

コメント

タイトルとURLをコピーしました