【簡単おつまみ】ビールやワインのお供に!ごぼうのアラビアータ

前菜

今日はビールやワインのお供にピッタリな、おしゃれさんのおつまみ『ごぼうのアラビアータ』をご紹介します。
ごぼう・ニンニク・唐辛子・トマト缶でサッと作れて保存性も高いので、ある程度まとめて作っておけるイタリアン常備菜です。

レシピ

・ごぼう 4本
(スライスしてから水にさらしてアク抜きします)
・ニンニク 2片
・ピュアOIL(サラダ油でもOK)適量
・鷹の爪 10本
・塩 適量
・トマト缶 700g

※ここではそれなりの量をまとめて作っているので、半分又は1/4量ぐらいで試してみて下さい。

作り方

・今日の食材たちです。彩りはないですがちゃんと美味しくなりますのでご安心を。

1.まずトマト缶を裏漉しします。ここではムーランという器具を使っています。
ハンドル部分を回してすり潰しながらピューレ状にでき、ヘタなどの硬い部分を取り除いてくれるレストランの必須器具です。
18-10シルバーシャイン ムーラン No.42514中用替刃(3枚組)/62-6451-07

2.みじん切りにしたニンニクをピュアOILでゆっくり香り出ししていき、途中で鷹の爪を加えて弱火のままニニクがキツネ色になるまで火を入れます。
(鷹の爪は焦がさないように途中で加えます。あらかじめOILでソテーすることでより香りと辛みが引き立ちます)

3.水にさらしてアク抜きしたごぼうを加えて塩をうち、しんなりして少し色づくまでソテーしていきます。
(アク抜きはザルをかましたボールで何回か水を入れ替えるようにして、ごぼうが白くなればOK。長い時間水にさらす必要はありません。)

4.裏漉ししたトマト缶を加えたら強火で水分を飛ばしながら絡めていきます。ここで味を見ながら塩を調整して下さい。
トマトソースの部分がグツグツと沸き立っているうちはまだ水分が多い状態です、水分が飛んでしっかりごぼうに絡まったらOK。

5.盛り付けて完成。
このままタッパーに入れて密着ラップすれば1週間は持ちます。

終わりに

ここではカンポグランデというトマト缶を使いました。
カンポ・グランデ ポモドリーニ・ペラーティ ホールトマト 2500g
トマトの旨み・味わいが濃く、このトマト缶を一度使うと他のトマト缶がどうしてもシャバシャバに感じてしまい、離れられなくなります。
イタリアのトマト缶は日本でもかなりの種類があり、それぞれに特徴があって面白いので色々試してみて下さい。
美味しいトマト缶ほどホールトマトのままで、細かくカットされたり、あらかじめピューレ状にしてくれていないといったことがありますが、ザルを使ったり、ここで紹介したようなムーランを使うと楽です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました